FC2ブログ

ネパールのヒト

IMG_6927.jpg

ネパールのヒト
ネパール人はシャイな人が多いと思う。
もちろんそうじゃない人たちも大勢いるのだけど、シャイじゃないように見えても、
人前に出ると、子供のようにオドオドしたりする。

大の大人が何してるの!
そんな小さな声で発表しても聞こえないよ!
日本だったらこんな風に言われるだろう場面に良く出くわす。

私たちは、小学校の頃から、発表する練習をしてきた。
グループで研究した課題を発表したり、学芸会なんか舞台で踊ったりしてきた。
参観日には、みんな必死で手を上げて、答えを発表しようと頑張ったし、
運動会ではチーム力をいかして、組体操まで発表してきた。
そのお蔭かは知らないけど、社会人になると、大抵それなりにプレゼンはできるようになっている。
最初はビビッていても、何だかんだ卒なくこなしている気がする。
もちろんそれでも練習は必要だけど。

そんな教育を受けていないネパールの人たちは、やっぱりオドオドしている。
その様子が、何だかとてもかわいく感じるのだ。
だって日本でいうところのおっさん(すみません(・_・;))と言われる年齢の人たちが、
小さな声でオドオドしている様子はなかなか見れるもんじゃない。
とっても小さな声で、ぼそぼそ何か言ってる。
時々体をクネクネさせて。


IMG_17851.jpg


眠らない人々
よくネパールってどんな国?って聞かれる。
いい国だよ、人がとっても優しいし、シャイなんだ。
って答えてる。

でも、私たち、実は、毎回悩まされていることがある。
それもかなり深刻に。

それは眠らないネパール人たち。

飛行機でネパールへ飛ぶとき、直行便がないから、どこかを経由していくことになる。
その経由地からカトマンズまでのフライトは、やっぱりネパール人が多くなる。
それは当たり前のことだ。
帰国する時も同じく、ネパールから経由地まではネパール人だらけになる。

ネパール人だらけの機内。
シャイなはずのネパール人。
フライト中、なぜか眠らない。
寝ないというか、喋る。とにかく喋っている。
夜便とか関係ない。
喋りたおしている。
しかもやたら大きな声で。

もちろん、眠っているネパール人もいる。
ゲームをしたり、映画を観てる人もいる。
でも毎回喋りたおすネパール人に必ず遭遇するのだ。

ここには、私たちが感じているシャイなネパール人はいない。


40064.jpg

実はシャイじゃないかも・・・!?
そこで私たちはよくよく観察してみることにした。
彼らのことを。
人前ではシャイぶっている。
いや、間違いなくシャイにみえる。

彼らはあまり前に前には出てこない。
アラブ人のように「私!私!」と手を上げて突進してくる感じではない。
だけど、よくよくみると、意見を言わずに意見を通しているようにも見える。
主張しないんだけど、主張を通している。
飴ちゃんがあっても絶対欲しいって言わないんだけど、
飴持って行ってというと、全部持って行ってしまう感じだ。

これはネパールの村社会の影響なのだろうか。
まだまだカーストが残るネパールで、村の社会は絶対的だ。
みんな各カーストや村のルールの中で生きている。
この狭い社会で円滑に物事を進めるために、彼らが見に付けてきた生き方なのだろうか。
などと考えてみる。


しかし、大したことは無い。
ネパールの社会の事なんか深く考えても、外国人の私たちには到底分からないし、
日本人との違いを見つける意味もない。


ただ言えること、
それは
夜便の機内で、おしゃべりはほどほどに。

それだけだ。


それでも彼らはやっぱりちょっとシャイな気がするのだけど。

MADE IN KATHMANDU

02.jpg


Made in Kathmandu

ネパールの首都、カトマンズ、トリブバン国際空港では、
飛行機から降り立つと、歩いて飛行場を横切り、イミグレーションまで徒歩で向かいます。
大抵、どこの小さな空港でも、タラップが無いところは、バスに乗って、近くのエリアまで運ばれるのですが、
ネパールでは徒歩。

徒歩の格別の気持ち良さ。

飛行場に降り立って、ネパールの空気を一気に吸い込む。
こんな事できるのって、ここだけなんじゃないかしら。
あー気持ちいい!!



カトマンズはEna Kuamの本拠地。

ここでたくさんのモノ作りをしてきました。
正真正銘「Made in Kathmandu」



03.jpg


夏のネパールで作るモノ


今年の夏、日本は猛暑ですが、ネパールもとても暑いです。
その暑いネパールで作るモノ、
それはフェルトアイテム。

羊毛をこねるだけでも大変な作業。
それをエアコンも扇風機もないところで、ひたすらこねる。
女性たちは、出来高制で働いているから、お仕事を持っていくと、とても喜んでくれる。

10月にはヒンズー教最大のお祭り、ダリッドが始まり、
親戚付き合いの多いネパール人たちの出費も増える。
そのために、今からみんなせっせと頑張っている。
週休1日、毎日頑張って働いてる。

日本から見ると、途上国の人って何だかあんまり働いてないイメージ。
暑いし、休日も多いし、のらりくらりしてそう。
家族が多いから、誰かが働いて、たくさんの人を養ってるんじゃないかな。

そんな風に上辺の途上国を遠目で見てる気がするんだけど、
実際は、朝から晩まで一生懸命働いてる人は多い。
交通機関のアクセスが悪いから通勤1時間、2時間はザラだし、
渋滞に巻き込まれると、就業時間に間に合わないから、余裕を持って出勤する人たちも多い。

何だか途上国の働く人たちって、日本と変わらない。
みんな社会の一員。
結構責任とプライドを持って働いてる。


IMG_69431.jpg



IMG_69121.jpg

プロフィール

管理人:Ena Kuam/エナ クアム

管理人:Ena Kuam/エナ クアム
Ena Kuamが考えるヒトと地球と素材にちなんだコラムです。
Ena Kuamが大切にしていること、
たくさんお届けしていきます。

オンラインショップ

インスタグラム

検索フォーム

FACEBOOK

QRコード

QR